コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国庁寺 こくちょうじ

1件 の用語解説(国庁寺の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

国庁寺

 平安時代の終わりに、周防国は東大寺の領地になりますが、その後、国府が形を変えて、寺として残ったものですが、明治時代のはじめにこわされてしまいました。そのときに国庁寺にあった門が、阿弥陀寺[あみだじ]にうつされています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国庁寺の関連キーワード一巻の終わり終止符末文納杯金銅宝塔周防国府土居八町東大寺造営両国得地保実忠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone