コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国目付 クニメツケ

デジタル大辞泉の解説

くに‐めつけ【国目付】

江戸時代、主に幼少で家督をついだ大名領国に、国政監視のために幕府から派遣された役人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くにめつけ【国目付】

大名の領国に赴きその施政を監察した江戸幕府の役人。慶長・元和期にその原型がみえ,寛永期に定型化された。すなわち使番と両番(書院番,小性組)から1名ずつ任命され,大名が幼少で家督を相続したばかりの大藩を中心に派遣された。その任務は,発遣のさい国目付に渡された下知状によると,〈国中仕置〉の〈善悪之儀〉を内々に調査して報告することとされ,内政干渉は禁じられていた。両人は数ヵ月任地に滞在し,〈家中分限帳〉や〈国絵図〉などを作成・提出させたり,領内巡見,その査察査問を通じて,対象藩の実情把握につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くにめつけ【国目付】

江戸初期、幕府が諸藩に遣わした監察役人。治績・民情などを視察した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の国目付の言及

【使番】より

…若年寄の支配に属し,役高は1000石,格は布衣,詰所は菊之間南御襖際。平時には,将軍の代替りごとに諸国を巡回して大名の治績動静を視察し(諸国巡見使),あるいは幼少の大大名のもとへ多く赴任し,その後見監督に当たり(国目付),あるいは城の受渡しのときにその場に臨んで監督するなど,すべて幕府の上使を務めた。また二条,大坂,駿府,甲府などの要地にも目付として出張し,遠国役人の能否を監察した。…

※「国目付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国目付の関連キーワード江戸時代伊達騒動原田甲斐京極高亶蒔田定正治績民情

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android