コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立国際医療センター こくりつこくさいいりょうセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立国際医療センター
こくりつこくさいいりょうセンター

日本国内における代表的医療施設。旧臨時東京第一陸軍病院が 1945年 12月1日に国立東京第一病院として発足したのち,1973年9月に病棟,手術棟,外来棟の完成に伴い,国立病院医療センターとして開設された。 1993年,国立療養所中野病院を統合して国立国際医療センターに改称改編。特に国際的な対応を必要とする疾患についての診断治療や調査研究,研修を行なっている。病院のほか,研究所,付属看護学校をもつ。東京都新宿区戸山にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国立国際医療センターの関連キーワードHIV感染症(エイズ)の医療体制国立国際医療研究センター国立感染症研究所鴨下重彦織田敏次高久史麿田中好子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立国際医療センターの関連情報