土師ダム(読み)はじだむ

デジタル大辞泉プラスの解説

土師(はじ)ダム

広島県安芸高田市の江の川水系江の川に位置する多目的ダム。1974年竣工の重力式コンクリートダムで、総貯水量は47,300,000立方メートル。ダム湖は所在地の地名にちなみ八千代湖と命名され、2005年、ダム湖百選に選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の土師ダムの言及

【可愛川】より

…西中国山地(芸北山地)北端の阿佐山に発し,南東へ大きく湾曲しながら中国(高田)高原を貫流し,途中に大朝,壬生(みぶ)の両浸食盆地を形成する。土師(はじ)ダム下流から流路を北東に転じ,広島県西部に特有の北東~南西系構造線に沿ってほぼ直行し,三次(みよし)市に至って同規模の支流馬洗(ばせん)川と西城川を合わせ江の川となる。この間の延長は114.7km,流域面積は680km2。…

【江の川】より

…特に最近は,河川改修の進につれて各支流から増水しやすくなり,合流点付近に異常な高水位を招くことが多く,1972年7月の豪雨災害がその例である。このため現在は,土師(はじ)ダム(1974完成)など上流ダム群の洪水調節によって,尾関山観測所(合流点の下流)での計画高水流量毎秒7600m3を基準に大規模な護岸を完成させている。三次の夏の風物詩鵜飼い,晩秋の晴れた早朝に発生する三次の霧は,いずれも江の川の広い川面と関係がある。…

【八千代[町]】より

…米作,野菜栽培,養鶏が行われるが,南に接する広島市への交通の便に恵まれ,工場が進出している。1974年多目的ダムとして可愛川をせき止めた土師(はじ)ダムが完成,八千代湖の湖底に少なからぬ農地,山林が水没したが,湖を中心に土師ダム記念公園,サイクリング施設などができ,観光開発が進む。土師には南北朝期に足利尊氏に属して軍功をたて,土師郷を与えられたという中村氏の居城田屋城があったが,城跡は一部を除き湖に水没した。…

※「土師ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android