コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方史研究協議会

デジタル大辞泉プラスの解説

地方史研究協議会

日本の学術研究団体のひとつ。日本史研究を推進する。事務局所在地は東京都台東区

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の地方史研究協議会の言及

【地方史】より

… 昭和初年から地方史の言葉は用いられていたが,それが一般化したのは第2次大戦後である。1950年,地方史研究協議会が発足したのはその象徴であった。郷土史と呼ばれていた段階では,領主などの顕彰に重きが置かれたり,ある地域のことに限定されて,他との比較対比が不十分であったりしたのに対して,総体の中の一部であることを考慮しつつ,考古学でも,荘園研究でも,近現代史でも,多くの成果が生じた。…

※「地方史研究協議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地方史研究協議会の関連キーワード日本のおもな学会・協会田村 栄太郎渡辺 世祐毒消し売り荒居 英次別子銅山しょうゆ所 三男渡辺世祐児玉幸多杉山博地方史

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android