地方史研究協議会

世界大百科事典内の地方史研究協議会の言及

【地方史】より

… 昭和初年から地方史の言葉は用いられていたが,それが一般化したのは第2次大戦後である。1950年,地方史研究協議会が発足したのはその象徴であった。郷土史と呼ばれていた段階では,領主などの顕彰に重きが置かれたり,ある地域のことに限定されて,他との比較対比が不十分であったりしたのに対して,総体の中の一部であることを考慮しつつ,考古学でも,荘園研究でも,近現代史でも,多くの成果が生じた。…

※「地方史研究協議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android