コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地質の日 ちしつのひGeology Day

知恵蔵の解説

地質の日

地球生命史、地球環境、自然災害などを理解するうえで重要な「地質」を、社会的に広く理解・認知してもらうために、関連学会や団体が発起人となって2007年に制定された日で、5月10日。この日は、“お雇い外国人”米国の地質学者ライマン(B.S.Lyman 1835〜1920)らが、1876(明治9年)年に日本で最初の地質図「縮尺200万分の1の日本蝦夷(えぞ)地質要略之図」を刊行した日に当たり、それにちなんで制定された。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

地質の日

5月10日。地層岩石土壌など地質への関心と理解を深める。1876年5月10日、日本初の広域地質図「日本蝦夷地質要略之図」が作成されたことにちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android