コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地質の日 ちしつのひ Geology Day

2件 の用語解説(地質の日の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

地質の日

地球生命史、地球環境自然災害などを理解するうえで重要な「地質」を、社会的に広く理解・認知してもらうために、関連学会や団体が発起人となって2007年に制定された日で、5月10日。この日は、“お雇い外国人”米国の地質学者ライマン(B.S.Lyman 1835〜1920)らが、1876(明治9年)年に日本で最初の地質図「縮尺200万分の1の日本蝦夷(えぞ)地質要略之図」を刊行した日に当たり、それにちなんで制定された。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

地質の日

5月10日。地層、岩石、土壌など地質への関心と理解を深める。1876年5月10日、日本初の広域地質図「日本蝦夷地質要略之図」が作成されたことにちなむ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地質の日の関連キーワード自然災害地球環境ファシリティーGEF環境経済学人為災害地球環境大災害地球外生命地球環境ファシリティ和田英太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地質の日の関連情報