関心(読み)かんしん(英語表記)Sorge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「関心」の解説

関心
かんしん
Sorge

ハイデガーの基礎存在論の根本概念で,「憂慮」「懸念」とも訳される。世界内存在としての現存在 (人間存在) のもろもろの様態の構造の統一を彼は「関心」と名づける。それは「 (内世界的に見出される存在者の) もとでの存在としての,自己にすでに先立つ (世界) 内存在」と規定される。自己に先立つことのうちに未来,もとでの存在 (頽落) のうちに現在,既存在 (被投性) のうちに過去と,3重の時間方位が暗示されている。 (→決意性 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「関心」の解説

かん‐しん〔クワン‐〕【関心】

ある物事に特に心を引かれ、注意を向けること。「政治に関心がある」「幼児教育に関心が高まる」「周囲の関心の的」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「関心」の解説

かん‐しん クヮン‥【関心】

〘名〙
① (━する) ある事柄に特に心をひかれること。興味を持つこと。気にかけること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉付録「塵世の事に関心(クヮンシン)する勿(なか)れ」 〔鮑照‐代堂上歌行〕
② 注意を向けて、一定方向に行動を導いてゆくこと。心理学や教育学では、興味と同じ意味で用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android