コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関心 かんしんSorge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関心
かんしん
Sorge

ハイデガーの基礎的存在論の根本概念で,「憂慮」「懸念」とも訳される。世界内存在としての現存在 (人間存在) のもろもろの様態の構造の統一を彼は「関心」と名づける。それは「 (内世界的に見出される存在者の) もとでの存在としての,自己にすでに先立つ (世界) 内存在」と規定される。自己に先立つことのうちに未来,もとでの存在 (頽落) のうちに現在,既存在 (被投性) のうちに過去と,3重の時間方位が暗示されている。 (→決意性 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐しん〔クワン‐〕【関心】

ある物事に特に心を引かれ、注意を向けること。「政治に関心がある」「幼児教育に関心が高まる」「周囲の関心の的」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしん【関心】

( 名 ) スル
物事に興味をもったり、注意を払ったりすること。気にかけること。 「政治に-をもつ」 「立君定憲と共和の二様にして、其得失如何いかんは学者の最も-する所にして/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関心の関連キーワードマネジリアル・グリッド論アルフレッド アルバレズマネジリアル・グリッドヒューマンインタレストセンセーショナリズムインタレスティング経験カリキュラムセンセーショナル見向きもしない勤労青少年の日インタレスト首を突っ込む目もくれない政治的無関心可愛子ちゃんむっつり助平都市景観の日ハイデガー秋波を送る焦点を絞る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関心の関連情報