関心(読み)かんしん(英語表記)Sorge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関心
かんしん
Sorge

ハイデガーの基礎的存在論の根本概念で,「憂慮」「懸念」とも訳される。世界内存在としての現存在 (人間存在) のもろもろの様態の構造の統一を彼は「関心」と名づける。それは「 (内世界的に見出される存在者の) もとでの存在としての,自己にすでに先立つ (世界) 内存在」と規定される。自己に先立つことのうちに未来,もとでの存在 (頽落) のうちに現在,既存在 (被投性) のうちに過去と,3重の時間方位が暗示されている。 (→決意性 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐しん〔クワン‐〕【関心】

ある物事に特に心を引かれ、注意を向けること。「政治に関心がある」「幼児教育に関心が高まる」「周囲の関心の的」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしん【関心】

( 名 ) スル
物事に興味をもったり、注意を払ったりすること。気にかけること。 「政治に-をもつ」 「立君定憲と共和の二様にして、其得失如何いかんは学者の最も-する所にして/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐しん クヮン‥【関心】

〘名〙
① (━する) ある事柄に特に心をひかれること。興味を持つこと。気にかけること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉付録「塵世の事に関心(クヮンシン)する勿(なか)れ」 〔鮑照‐代堂上歌行〕
② 注意を向けて、一定方向に行動を導いてゆくこと。心理学や教育学では、興味と同じ意味で用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関心の関連情報