堰口・関口(読み)せきぐち

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐ぐち【堰口・関口】

〘名〙 の水の落ちる口。井堰の水を落とす所。井の口。
※塵芥集(1536)八四条「せんせんさたまり候せきくちをあらため、みづかみの人、是をとをすましきのよし、いらんにをよぶ事、可越度

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android