コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵芥集 じんかいしゅう

6件 の用語解説(塵芥集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塵芥集
じんかいしゅう

陸奥の戦国大名伊達氏の家法。天文5 (1536) 年伊達稙宗 (たねむね) の制定。条数は伝本によって異なるが,完備したものは 171条。前文,本文,次に同年4月 14日付中野宗時ら老臣 12名の連署起請文がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんかいしゅう〔ヂンカイシフ〕【塵芥集】

戦国時代の分国法。1巻。天文5年(1536)奥州の戦国大名伊達稙宗(だてたねむね)制定。神社・祭物以下諸事万般の171条からなり、分国法中最大級。伊達氏御成敗式目

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塵芥集【じんかいしゅう】

戦国大名伊達(だて)氏の制定した分国法。1536年伊達稙宗(たねむね)が制定したもので,171条よりなる。形式は御成敗式目にならっており,他の分国法に比べ直接的に家臣の統制を目的とした家中法的性格は少なく,分国統治の裁判規範としての性格が濃厚である。
→関連項目伊達氏結城家法度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じんかいしゅう【塵芥集】

戦国家法の一つ。1536年(天文5)4月14日,戦国大名伊達稙宗(たねむね)により制定された法典。条数は伝本によって異なるが,最も完備した村田親重献上本は,171ヵ条をおさめ,戦国家法のなかで最大の法典である。その体裁は,前書き,本文,稙宗の署名に続き,家臣の起請文が付けられている。これは,《御成敗式目》の伝本の一系統の体裁に一致し,また本文の一部の条文,前書き,起請文は,式目の文章をそのままひきうつして和文化したものであることが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんかいしゅう【塵芥集】

1536年、奥州の戦国大名伊達稙宗たねむねが制定した分国法。詳細な規定が多く、一七一条から成る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塵芥集
じんかいしゅう

戦国期、伊達(だて)氏の分国法。『伊達氏御成敗式目(ごせいばいしきもく)』ともよばれる。1536年(天文5)陸奥国(むつのくに)守護伊達郡桑折(こおり)城(福島県桑折町)城主伊達稙宗(たねむね)の制定公布で、完成した形では171条に及び、戦国大名諸家の分国法のなかで最大級。奥書の文言をはじめ、形式としては鎌倉幕府の『御成敗式目』(貞永(じょうえい)式目)の影響を強く受けているが、その条文の内容によれば、伊達領国の実状に即して制定されたことが知られる。刑事関係規定が多くを占め、当事者主義的傾向が濃厚なことも特色とされる。私的復讐(ふくしゅう)、主人の制裁権を相当程度まで許容するなど、当時の伊達領国における地頭(じとう)領主権の相対的な強さをうかがわせ、また農民に関する条項には、地頭領主の側にたって農民を抑えようとする伊達氏の姿勢が示されている。この法典の公布を契機に、伊達氏は領国内の地頭領主層の裁判権・刑罰権を大幅に吸収集中して、戦国大名としての権力の樹立に成功したとみられる。『中世法制史料集 第3巻』、『中世政治社会思想 上』(日本思想大系21)などに所収。[小林清治]
『小林宏著『伊達家塵芥集の研究』(1970・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塵芥集の言及

【蔵方之掟】より

…1533年(天文2)3月13日,戦国大名伊達稙宗(たねむね)が発布した質屋に関する法令。13ヵ条よりなり,3年後に制定された分国法《塵芥集》に付記されたかたちで伝存する。内容は,質の約月の規定,質屋が質物を紛失・損傷した場合の規定,盗物を質物とした場合の規定,利子規定などである。…

※「塵芥集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塵芥集の関連キーワード久我豊通国家法人説借家法天文法華の乱国家法戦国家法甲州法度之次第芳郷光隣卜有松平光親

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone