塒・蜷局(読み)とぐろ

大辞林 第三版の解説

とぐろ【塒・蜷局】

蛇がからだを渦巻のようにぐるぐる巻いてわだかまること。また、そのありさま。
[句項目] 塒を巻く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とぐら【塒・蜷局】

〘名〙 =とぐろ(塒)〔書言字考節用集(1717)〕

とぐろ【塒・蜷局】

〘名〙 蛇(へび)などがからだを渦巻(うずまき)状に巻くこと。また、その巻いた状態。また、綱などを渦巻状に巻くことをもいう。とぐら。
※和英語林集成(初版)(1867)「ナワヲ toguro(トグロ)ニ マク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android