初版(読み)しょはん(英語表記)first edition

図書館情報学用語辞典 第5版「初版」の解説

初版

最初に製作した印刷原版を使って印刷された図書集合.図書は同じ印刷原版を用いて何度も増刷されるが,誤植の訂正程度の修正だけで内容に改訂が施されない限り,繰り返し印刷されてもすべて同じく初版である.これらは,初版第1刷,初版第2刷,…のように呼ばれる.文芸思想分野では,初版本は,著作発表当時の著者の思想を知るものとして重要視され,ときに高値を呼ぶことがある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典「初版」の解説

しょ‐はん【初版】

〘名〙 刊行された書物の最初の版。また、その本。第一版。初刻
※小津桂窓宛馬琴書簡‐天保八年(1837)一二月一日「初板の古本をほしく御座候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android