塩津山(読み)しおつやま

大辞林 第三版の解説

しおつやま【塩津山】

現在の滋賀県長浜市西浅井町塩津浜と福井県敦賀市追分との間の山。琵琶湖北岸から敦賀へ出る険路。⦅歌枕⦆ 「 -打ち越え行けば我が乗れる馬そつまづく家恋ふらしも/万葉集 365

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android