コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁龕 ヘキガン

大辞林 第三版の解説

へきがん【壁龕】

西洋建築で、壁・柱の垂直面につくったくぼみ。彫刻などを飾る。ニッチ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壁龕
へきがん

ニッチ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の壁龕の言及

【ニッチ】より

…彫像,花瓶,噴水などを置くために,壁をえぐって造られた凹状の部分。壁龕(へきがん)ともいう。古代ローマ建築でとくに盛んに造られた。…

※「壁龕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

壁龕の関連キーワードオル・サン・ミケーレ聖堂プレ・コロンビア美術古代都市エルゴンバデアラビヤーンブリハディスバラ寺ベラクルス古典文化タベルナクルムハラームモスク凱旋門(建築)ニッチ(壁龕)タフティ・バイセリミエモスクグルジモスクトトナカ文化アヤソフィアランス大聖堂ロッセリーノ嘉峪関塼室墓エル・タヒンパンテオン

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android