声の限り(読み)こえのかぎり

精選版 日本国語大辞典「声の限り」の解説

こえ【声】=の[=を]限(かぎ)

のありったけ。できるかぎりの大声
※恵慶集(985‐987頃)「百千鳥声のかぎりはなきふりぬまだおとづれぬものは君のみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android