変性タンパク質

栄養・生化学辞典「変性タンパク質」の解説

変性タンパク質

 本来性質を失い,通常はその機能部分的もしくは全体的に失われているタンパク質尿素などの薬剤変性させるが,室温における熱エネルギーによって変性するものも少なくない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の変性タンパク質の言及

【変性】より

…タンパク質の変性は,アミノ酸残基間の非共有結合的な相互作用(水素結合,疎水結合など)が加熱によって切断され,その結果タンパク質の立体構造が破壊されて生じる。したがって,変性タンパク質のアミノ酸配列は変性前と変わらない。変性によってタンパク質の生物活性,たとえば酵素活性やホルモン活性は失われる。…

※「変性タンパク質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android