コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本来 ホンライ

2件 の用語解説(本来の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほん‐らい【本来】

(副詞的にも用いる)
もともとそうであること。元来。「―の目的を考える」「人間は―感情の動物だ」
それが当たり前であること。道理であること。「―向こうからあいさつに来るべきだ」
[用法]本来・元来――「学校は本来(元来)知識を学ぶための施設である」のように、両語とも相通じて用いられる。◇「本来」には、正式にはとか、現状はそうでないが本当はといった意があり、「本来あってはいけないことだ」「本来、当事者間で解決すべき問題だ」などと使われる。◇「元来」は、はじめからそうであることを示す意がある。「元来病弱な体質なので」「元来日本人はこうした方面のことに疎かったようである」◇両語は「~の」の形でも使うが、「本来の目的を見失う」「本来の所有者に返す」などは「元来」で置き換えられない。また、「本来なら(ば)」も「本来」だけの用法。「本来なら直接伺ってお願いすべきところですが」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほんらい【本来】

もともと。元来。副詞的にも用いる。 「 -の姿に戻る」
当然そうあるべきこと。あたりまえ。普通。通常。副詞的にも用いる。 「 -ならば罰するところだが,今回だけは特に免除する」 「 -,こちらからお伺いすべきところですが…」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本来の関連キーワード近時再度生得即座月月逓次天性平素別途元通り

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本来の関連情報