コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本来 ホンライ

2件 の用語解説(本来の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほん‐らい【本来】

(副詞的にも用いる)
もともとそうであること。元来。「本来の目的を考える」「人間は本来感情の動物だ」
それが当たり前であること。道理であること。「本来向こうからあいさつに来るべきだ」
[用法]本来・元来――「学校は本来(元来)知識を学ぶための施設である」のように、両語とも相通じて用いられる。◇「本来」には、正式にはとか、現状はそうでないが本当はといった意があり、「本来あってはいけないことだ」「本来、当事者間で解決すべき問題だ」などと使われる。◇「元来」は、はじめからそうであることを示す意がある。「元来病弱な体質なので」「元来日本人はこうした方面のことに疎かったようである」◇両語は「~の」の形でも使うが、「本来の目的を見失う」「本来の所有者に返す」などは「元来」で置き換えられない。また、「本来なら(ば)」も「本来」だけの用法。「本来なら直接伺ってお願いすべきところですが」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんらい【本来】

もともと。元来。副詞的にも用いる。 「 -の姿に戻る」
当然そうあるべきこと。あたりまえ。普通。通常。副詞的にも用いる。 「 -ならば罰するところだが、今回だけは特に免除する」 「 -、こちらからお伺いすべきところですが…」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本来の関連情報