コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機能 きのうfunction

翻訳|function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機能
きのう
function

「機能」概念そのものはきわめて曖昧であり,日常語と同じレベルで作用,働きといった意味合いで用いられることさえあるが,社会学ではとりわけ,システムに対して設定されうる「目的」への貢献という観点からみた,システムおよびその諸部分の作用をさす。システムの「目的」とは,システムの存続,維持にとって満足されなければならない必要条件であり,「機能的要件」と呼ばれる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐のう【機能】

[名](スル)ある物が本来備えている働き。全体を構成する個々の部分が果たしている固有の役割。また、そうした働きをなすこと。「心臓の機能」「言語の機能」「正常に機能する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きのう【機能】

( 名 ) スル
ある物事に備わっている働き。器官・機械などで、相互に関連し合って全体を構成する個々の各部分が、全体の中で担っている固有の役割。 「言葉の-」 「胃の-が衰える」 「十分に-しない」 〔明治中期に英語 function の訳語として広まる。「生物学語彙」(1884年)が早い例〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

機能の関連情報