コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏型過敏性肺炎 なつがたかびんせいはいえんsummer-type hypersensitivity pneumonia

知恵蔵miniの解説

夏型過敏性肺炎

トリコスポロン・クタネウムというカビを吸い込むことによって起こる肺炎で、梅雨以後の高温多湿の季節に起こるため夏型過敏性肺炎と呼ばれる。エアコンがこのカビの温床となることが多いため、日本では5月~10月に発症しやすい。症状は、せき・痰・悪寒・頭痛・発熱などで夏カゼと間違われやすく、30~50歳代に多くみられる。同肺炎に特徴的なことは、夏の間だけせきが出る、旅行などで自宅を離れると体調が良くなる、夏場に長時間家にいるとせきがひどくなる、など。これらの症状だけで終わる急性型と、症状が進み肺に重大な影響を及ぼす慢性型がある。慢性化すると治療が難しくなるため、カビの発生を抑えて症状が慢性化しないようにすることが重要とされている。

(2014-6-11)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

なつがた‐かびんせいはいえん〔‐クワビンセイハイエン〕【夏型過敏性肺炎】

夏に発症する過敏性肺炎。トリコスポロンなどの真菌を吸い込むことで起こるアレルギー性の肺炎で、秋には治まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

夏型過敏性肺炎の関連キーワードたばこと呼吸器の病気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏型過敏性肺炎の関連情報