コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多々良廃寺 たたらはいじ

1件 の用語解説(多々良廃寺の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

多々良廃寺

 7世紀後半にあったと思われる寺院です。毛利邸の南東で拾われた瓦の破片だけが存在を物語っています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多々良廃寺の関連キーワードエローラカンツォネッタコイネー鉄船院家摂関時代我と思わん者アッヘン湖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone