コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多楽島

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

多楽島

歯舞群島で最も色丹島寄りに位置し、面積12平方キロ。終戦時は1457人が住み、コンブ採取で生計を立てていた。

(2013-02-05 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

多楽(たらく)島

北海道根室市の歯舞群島を構成する島のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕多楽島(たらくじま)


北方領土の歯舞(はぼまい)群島東部の島。アイヌ民族が歴史的に先住してきた。面積11.7km2。最高点が標高16mと低平で、樹木はない。ロシア名はパローンスキー島。第二次大戦まで根室(ねむろ)支庁歯舞村に属し、コンブ・タラ漁が盛んに行われた。1945年(昭和20)の終戦時の人口は1460人。同年9月、ソ連(現ロシア)の占領下に入る。1959年、根室市に編入された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の多楽島の言及

【歯舞諸島】より

…第2次大戦前は水晶諸島と呼ばれていた。南西から順に並ぶ水晶島,秋勇留(あきゆり)島,勇留島,志発(しぼつ)島および多楽島の5島と,多くの小島からなる。水晶島と納沙布岬の間の珸瑶瑁(ごようまい)水道は幅約7kmで,本土に最も近い貝殻島との間は約3kmにすぎない。…

※「多楽島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多楽島の関連キーワード北海道根室市歯舞諸島色丹水道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多楽島の関連情報