大内古墳群(読み)おおうちこふんぐん

防府市歴史用語集の解説

大内古墳群

 江泊の大内地区にある群集墳[ぐんしゅうふん]で、13基の円墳[えんぷん]が確認されています。古墳時代には江泊はまだ干拓がされていなかったので、海を目の前にしたところで古墳がつくられていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android