コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円墳(読み)えんぷん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円墳
えんぷん

土を円形に盛り上げて造った墳墓盛り土の形としては自然であり,最も一般的であるので,その類型は古くからユーラシア大陸や東アジアの各地にみられるが,主として日本の古墳時代のものをいう。日本の代表的な円墳では,藤ノ木古墳キトラ古墳高松塚古墳などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぷん〔ヱン‐〕【円墳】

平面図が円形の古墳。斜面は湾曲せず、頂上は平らで、截頭円錐形をなす。円塚(まるづか)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

円墳【えんぷん】

盛土の平面が円形をなす墳丘墓。日本の古墳のみならず,新石器時代後半から青銅器時代にかけ,世界各地での築造が認められる。日本においては特に古墳時代後期,階層を問わず埋葬に用いられる傾向が強まり,規模の小型化,立地の群集化が進んだ。代表例としては,埼玉県の埼玉古墳群にある丸墓山古墳(国の史跡,直径105mで国内最大規模)や奈良県の文殊院西古墳(国の特別史跡)などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんぷん【円墳】

農耕社会が一定の成熟をみせる新石器時代後半から青銅器時代にかけて,盛土を有する墳墓が世界各地で築造された。盛土の平面が円形をなす墳墓(円墳)は,その中心的な形態の一つで,西北ヨーロッパの巨石墳の一部やユーラシア大陸内陸部のクルガン等がよく知られている。東アジアでは青銅器時代の華南に先駆をみ,馬王堆墳墓群のごとく前漢にも築かれたが,方墳を主体としていた中原に円墳が普及するのは後漢に入ってからである。日本では,古墳時代に截頭円錐形のものが出現し,首長や族長層に用いられたが,古墳時代後期には,横穴式石室を伴う土饅頭形の小型墳が全国的に盛行し,家族墓として,より広範な階層の人々に採用され,群集墳を形成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんぷん【円墳】

丸く土を盛り上げた、土饅頭どまんじゆう形の古墳。古墳の中で最も普通の形態。 → 古墳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円墳
えんぷん

平面形が円形の古墳。正円形のほかに長円形のものもあり、各時期、各地方にもっとも普遍的にみられる墳形である。4~5世紀のものは、墳頂平坦(へいたん)部が広く截頭円錐(さいとうえんすい)形であり、中・小首長墳のほかに前期小形墳も多い。6世紀後半以降の群小墳では山丘腹利用のため墳端位が著しく異なるものや地膨(じぶく)れ程度の盛土(もりつち)しかもたぬものも多い。径50メートルを超す大形のものもあるが、大形円墳とされているもののなかには、低く小さい造り出しの存在を見落とした例もある。[今井 尭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

円墳の関連情報