大凌河(読み)だいりょうが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大凌河
たいりょうが / ターリンホー

中国、(りょうねい/リヤオニン)省西部を流れる川。全長397キロメートル。北流は凌源市と河北省平泉県の県境付近、南流は建昌(けんしょう)県の河北省境に発し、ハルチン左翼モンゴル族自治県の大城子(だいじょうし)東方で合流する。さらに北東流し、朝陽市を経て北票県金嶺寺(きんれいじ)付近から南東に方向を変え、義県、錦(きん)県を貫流して渤海(ぼっかい)に流出する。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android