東方(読み)とうほう

精選版 日本国語大辞典 「東方」の意味・読み・例文・類語

とう‐ほう ‥ハウ【東方】

〘名〙 (古くは「とうぼう」とも)
① 東のかた。東の方角。東の方面
聖徳太子伝暦(917頃か)上「日羅跪地而合掌白曰。敬礼救世観世音伝燈東方粟散王。云云」
※名語記(1275)六「東方に大彗星現ぜりき」 〔易経‐説卦
② (中国からみて、東の方にあたるところから) 日本の国をさしていう。
※性霊集‐序(835頃)「詞翰倶美誠興東方君子之風
③ (京からみて東方の意で) 鎌倉幕府をさしていう。
神皇正統記(1339‐43)下「其後征夷大将軍に拝任す。それより天下のこと東方のままに成にき」
ヨーロッパの東の方の国。また、ヨーロッパから見て東に位置する国々。バルカン半島諸国、アジアの諸国、日本などをさす。オリエント
輿地誌略(1826)一「古斯剌勿尼亜(コスラボニア)、波羅泥亜(ポロニア)及東方の古書蔵む

ひがし‐かた【東方】

〘名〙
① 東の方角。また、勝負などの場合に、双方東西に分けた時の、東に位置する陣営
相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉相撲見物記「如何したものか、以前から相撲では今の東方が好きであった」
歌舞伎幼稚子敵討(1753)二「西の方床の間、金比羅餝り有。東方暖簾口」

あずま‐がた あづま‥【東方】

〘名〙 東国の方面。
源氏(1001‐14頃)東屋「あづま方のはるかなるせかいにうづもれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「東方」の意味・読み・例文・類語

とう‐ほう〔‐ハウ〕【東方】

《「とうぼう」とも》
東の方角・方向。また、東の方面。
ヨーロッパから見て東の方に位置する国々、アジア諸国をさす語。

ひがし‐かた【東方】

東の方角。
勝負・競技などで、東西に分けた場合、東に陣どった側。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本歴史地名大系 「東方」の解説

東方
ひがしほう

沖永良部おきのえらぶ島の南西部を占めた行政区画。現知名町域南部にあたる。安政四年(一八五七)に従来の間切制に代えて置かれた。所属村は余多あまた屋者やじや上平ひよー川・下平川しむびよう芦清良あしきゆら黒貫くぬぎ瀬利覚じーつきよ知名じんにや屋母子よーむ大津勘ふーちかん徳時とうどうきの一一ヵ村。与人役所は芦清良に置かれた。明治三年(一八七〇)一〇月各方役所において人別改が行われた。

東方
ひぎやほう

近世、東間切に置かれた行政区分。現瀬戸内町の北東部と、加計呂麻かけろま島の東部にわたり、同じ間切の渡連どれん方を間に挟む形になっている。「大島私考」によれば、東間切が広大であるために置かれた区分で、村数一二ヵ村(うち禿村一ヵ村)、与人と間切横目各一名を配した。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android