東方(読み)とうほう

精選版 日本国語大辞典「東方」の解説

とう‐ほう ‥ハウ【東方】

〘名〙 (古くは「とうぼう」とも)
① 東のかた。東の方角。東の方面。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「日羅跪地而合掌白曰。敬礼救世観世音伝燈東方粟散王。云云」
※名語記(1275)六「東方に大彗星現ぜりき」 〔易経‐説卦〕
② (中国からみて、東の方にあたるところから) 日本の国をさしていう。
※性霊集‐序(835頃)「詞翰倶美誠興東方君子之風
③ (京からみて東方の意で) 鎌倉幕府をさしていう。
※神皇正統記(1339‐43)下「其後征夷大将軍に拝任す。それより天下のこと東方のままに成にき」
④ ヨーロッパの東の方の国。また、ヨーロッパから見て東に位置する国々。バルカン半島の諸国、アジアの諸国、日本などをさす。オリエント。
※輿地誌略(1826)一「古斯剌勿尼亜(コスラボニア)、波羅泥亜(ポロニア)及東方の古書を蔵む」

ひがし‐かた【東方】

〘名〙
① 東の方角。また、勝負などの場合に、双方を東西に分けた時の、東に位置する陣営。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉相撲見物記「如何したものか、以前から相撲では今の東方が好きであった」
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「西の方床の間、金比羅餝り有。東方暖簾口」

あずま‐がた あづま‥【東方】

〘名〙 東国の方面。
※源氏(1001‐14頃)東屋「あづま方のはるかなるせかいにうづもれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「東方」の解説

ひがし‐かた【東方】

東の方角。
勝負競技などで、東西に分けた場合、に陣どった

とう‐ほう〔‐ハウ〕【東方】

《「とうぼう」とも》
東の方角・方向。また、東の方面。
ヨーロッパから見て東の方に位置する国々、アジア諸国をさす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android