コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大南北 オオナンボク

大辞林 第三版の解説

おおなんぼく【大南北】

四世鶴屋南北つるやなんぼくの敬称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大南北の言及

【鶴屋南北】より

…なお,草双紙(合巻)の著もあり,姥尉輔(うばじようすけ)の名義,南北の名義のものあわせて《金比羅御利生 敵討乗合噺》(1808)以下20作の余を数える。幕末期を代表する作者の一人として高く評価され,俗に大南北(おおなんぼく)と称される。(5)5世(1796‐1852∥寛政8‐嘉永5) 4世の娘婿勝兵助の養子。…

※「大南北」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大南北の関連キーワード市川団十郎(7代)瀬川如皐(3代)鶴屋南北(四代)渥美 清太郎渥美清太郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大南北の関連情報