コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬称 ケイショウ

デジタル大辞泉の解説

けい‐しょう【敬称】

人名や官職名などの下につけて、または単独に用いて、その人に対する敬意を表す語。「様」「先生」「閣下」など。
相手または相手方事物について、敬意を表す言い方。「あなた」を「貴兄」、「相手の原稿」を「玉稿」という

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいしょう【敬称】

人名や官職名の下に付けて、その人への敬意を表す語。「様」「さん」「くん」「殿」などの類。
相手または相手方の事物について敬意を表す言い方。「貴社」「高著」の類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敬称
けいしょう

人に対して敬意を示すために氏名や職名に添えることば。英語のMr., Mrs., Missやフランス語のM., Mme., Mlle.などは氏名の前に置くが、日本語では後に添える。日本語の敬称は、直叙を避けた婉曲(えんきょく)な表現から生まれたものが多く、また中国から入った漢語に多い。いまもっとも一般的なものとしては、主として書きことばに用いられる「様」「殿」「氏」などがあり、話しことばでは男子に「くん」、男女両方に「さん」が用いられる。皇族に対しては、第二次世界大戦前もっぱら「陛下」「殿下」が用いられたが、戦後は「様」も使われるようになった。
 そのほか、性や年齢、職業・地位などに応じて「兄」「嬢」「翁」「夫人」「関」「丈」「先生」「閣下」など多くの敬称があるが、話しことばでは「さん」がもっとも一般的であり、1952年(昭和27)に文部省から出た『これからの敬語』でも「さん」を標準の形としている。なお、たとえばA教授、B局長など、官名や職名を氏名の下につけると、敬称的になる。[辻村敏樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の敬称の言及

【敬語】より

…国語審議会は1952年に〈これからの敬語〉を定めて,身近な問題について望ましいとする形を示した。
[敬称]
 話中の登場者(第三者,相手,ときに自分)を表す語に,その人に対する敬意から特別に添える語。英語,フランス語などでは,Mr.,Mrs.,Miss,Ms.;M.,Mme.,Mlle.,Me.,Mgr.などの比較的限られた種類の語を前におくが,中国語や日本語では,先生,大人,夫人,くん,さん,氏,嬢などを後につけ,その種類が多い。…

※「敬称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

敬称の関連キーワード曽子・曾子鎌倉右大臣太皇太后宮大北の政所御部屋様大御台所閻魔大王御用人大政所殿付け御亭主御寮人師の君御朱印御直衆豊太閤大南北地蔵尊御寺様文中

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敬称の関連情報