コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大国魂神 おおくにたまのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大国魂神 おおくにたまのかみ

古事記」にみえる神。
大年神の子。母は伊怒比売(いのひめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大国魂神の言及

【国魂神】より

…やがて,幾つかの国魂を総称した魂が考えられるようになった。これが〈大国魂(おおくにたま)神〉の信仰である。大国魂神は〈大年(おおとし)神の子〉,または〈大国主神〉とも言われている(《古事記》《日本書紀》《古語拾遺》)が,本来は幾つかの国魂の総称,あるいは,最高の国魂と考えられたものであろう。…

※「大国魂神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大国魂神の関連キーワード府中(市)(東京都)渟名城入姫命カラス(鳥)大国魂神社豊鍬入姫命大水口宿禰北海道神宮市磯長尾市鴨下春良猿渡盛章小俣勇造帯広神社札幌神社大和神社府中市国魂神留守神大年神暗闇祭氏神

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android