コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大年神/大歳神 オオトシノカミ

4件 の用語解説(大年神/大歳神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおとし‐の‐かみ〔おほとし‐〕【大年神/大歳神】

《「とし」は穀物の意》稲の実りを守護する神。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大年神 おおとしのかみ

古事記」にみえる神。
須佐之男命(素戔嗚尊)(すさのおのみこと)の子。母は神大市比売(かみおおいちひめ)。伊怒比売(いのひめ)らを妻にして,大国御魂(おおくにみたまの)神,韓(からの)神らを生んだ。稲のゆたかな稔りをもたらす神。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大年神

日本神話に登場する神。「とし」は,もともと穀物などの実り,収穫を意味したが,その収穫に1年を要するところから年を意味するようになった。よってこの神名は本来,豊かな実りをもたらす神の意。『古事記』には,須佐之男命と神大市比売との間に生まれ,また伊怒比売,香用比売などの女神との間に多くの子をもうけた神と伝える。生まれたすぐあとに,穀物神である宇迦之御魂神が生まれていることや,この神の子として御年神が生まれていることなどに,穀物神としての性格がよく表れている。『山城国風土記』逸文に,大歳御祖命,大歳神などがみえるが,大年神と同一の神だろう。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone