大妻(読み)たいさい

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐さい【大妻】

〘名〙 妾(めかけ)のことを小妻というのに対して、本妻をいう。
※類聚名物考(1780頃)称号部一八「案に大妻は嫡婦とて本妻なり。小妻は妾なるに対へて知べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大妻の関連情報