類聚名物考(読み)るいじゅうめいぶつこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「類聚名物考」の解説

類聚名物考
るいじゅうめいぶつこう

江戸時代の類書百科事典)。日本文物の類書中最初の、形式・内容ともに充実したものである。編者は山岡浚明(まつあけ)。彼は博学で有名であったが、若いときから国書を広く読み、その抄をつくって整理していた。しかし、先輩の老人に、抄出しても急場に役だたぬから暗記せよと諭され、その教えに従って破り捨てたものの、記憶には限界と誤りがあると覚(さと)って、この編集にかかったという。そのため、基本的図書は破棄されたままに脱している。現存の342巻を精査すると、天文、時令、神祇(じんぎ)、地理など32類と抜き書きの部に分かたれている。各項目は総説と考証、文献からなり、その考証の行き届いて合理的なことは類をみない。後年、屋代弘賢(やしろひろかた)は『古今要覧稿(ここんようらんこう)』を編集するにあたり、この書の形式内容をとったという。

[彌吉光長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「類聚名物考」の解説

るいじゅめいぶつこう〔ルイジユメイブツカウ〕【類聚名物考】

江戸中期の百科事典。342巻、標題18巻、目録1巻。山岡浚明(まつあけ)(明阿)。成立年未詳。明治36~38年(1903~05)7冊の活版本として刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android