コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山も蟻穴より崩る タイザンモギケツヨリクズル

デジタル大辞泉の解説

大山(たいざん)も蟻穴(ぎけつ)より崩る

大きな山も小さな(あり)の穴からしだいに崩れる。ちょっとした油断もとになって大きな災難を招くことのたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいざんもぎけつよりくずる【大山も蟻穴より崩る】

大きな山でもアリの小さな穴から次第に崩れていく。小さなことでも油断しているとそれがもとで大きな危難を招くことのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大山も蟻穴より崩るの関連キーワード大山・太山危難アリ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android