災難(読み)さいなん

精選版 日本国語大辞典「災難」の解説

さい‐なん【災難】

〘名〙 突然身にふりかかるわざわい。災厄
経国集(827)二〇・中臣年足対策文「難已多、烈火炎々」 〔晉書‐劉喬伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「災難」の解説

さい‐なん【災難】

思いがけず身にふりかかってくる不幸な出来事。災い。災厄。災禍。「災難に見舞われる」
[類語]災害災い被害禍害惨害惨禍災禍被災天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「災難」の解説

【災難】さいなん

わざわい。〔晋書、劉喬伝〕頃(このころ)より兵戈亂し、猜鋒生す。らくは疑隙(ぎげき)群王にへ、災宗子に(およ)ばん。~より以來、骨、未だ今の如きらざるなり。

字通「災」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android