コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大隅湖 おおすみこ

1件 の用語解説(大隅湖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕大隅湖(おおすみこ)


鹿児島県大隅半島の高隈(たかくま)山地中にある人造湖。肝属(きもつき)川水系串良(くしら)川の高隈ダムによってできた。高隈ダムは、1967年(昭和42)完成の、大隅半島中央部のシラス台地である笠野原(かさのはら)の畑地灌漑(かんがい)に利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高47m、堤長136m、面積1.04km2、総貯水容量1390万m3)。高隈山県立自然公園に指定され、遊歩道キャンプ場などがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大隅湖の関連キーワード大隅大隅半島肝属川肝属山地薩摩半島高隈山地垂水きばいやんせ大根占[町]垂水[市]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大隅湖の関連情報