天下の憂いに先だちて憂え天下の楽しみに後れて楽しむ(読み)テンカノウレイニサキダチテウレエテンカノタノシミニオクレテタノシム

デジタル大辞泉の解説

天下てんかうれいにさきだちてうれ天下てんかたのしみにおくれてたのしむ

范仲淹「岳陽楼記」から》すぐれた為政者天下国家憂いの人々がまだ憂えない前に憂え、天下国家の楽しみを世の人々が楽しんだ後に楽しむ。自己一身のことは問題にしないということ。先憂後楽。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android