コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天声人語 テンセイジンゴ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

天声人語

1904(明治37)年1月5日、大阪発行紙面に初めて掲載された。中断や改題を経て45(昭和20)年9月6日、天声人語の題で復活し、67年間続いている。現在は603文字分のスペースに、五つの「▼」で区切った六つ段落で構成。論説委員2人が交代で執筆している。書き写しノートはA4判で、1冊1カ月分。スクラップを貼る欄の下に603文字分のマス目がある。お近くの朝日新聞販売所(ASA)で、3冊(税込み630円)から。大手書店、文具店でも販売している。

(2012-08-11 朝日新聞 朝刊 奈良全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

天声人語の関連キーワード長谷川 如是閑長谷川如是閑疋田 桂一郎コラムニスト吉村 正一郎吉村正一郎入江 徳郎荒垣 秀雄有竹 修二深代 惇郎疋田桂一郎武藤 貞一丸山 幹治合田道人深代惇郎入江徳郎有竹修二辰濃和男永井瓢斎荒垣秀雄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天声人語の関連情報