コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天声人語 テンセイジンゴ

2件 の用語解説(天声人語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんせい‐じんご【天声人語】

朝日新聞の朝刊1面に掲載されているコラム。明治37年(1904)から続き、特定の論説委員が匿名で執筆する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

天声人語

1904(明治37)年1月5日、大阪発行紙面に初めて掲載された。中断や改題を経て45(昭和20)年9月6日、天声人語の題で復活し、67年間続いている。現在は603文字分のスペースに、五つの「▼」で区切った六つの段落で構成。論説委員2人が交代で執筆している。書き写しノートはA4判で、1冊1カ月分。スクラップを貼る欄の下に603文字分のマス目がある。お近くの朝日新聞販売所(ASA)で、3冊(税込み630円)から。大手書店、文具店でも販売している。

(2012-08-11 朝日新聞 朝刊 奈良全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天声人語の関連情報