特定(読み)とくてい

精選版 日本国語大辞典の解説

とく‐てい【特定】

〘名〙 特にそれと指定すること。また、特に定まっていること。
※民法(明治二九年)(1896)五五条「特定の行為の代理を他人に委任することを得」
※方丈記私記(1970‐71)〈堀田善衛〉六「これこそは定家の歌なりと私自身で特定出来るものが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とく‐てい【特定】

[名](スル)特にそれと指定すること。また、特にそれと定まっていること。「特定のボーイフレンドはいない」「大ぜいの中から特定する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例