特定(読み)とくてい

精選版 日本国語大辞典 「特定」の意味・読み・例文・類語

とく‐てい【特定】

〘名〙 特にそれと指定すること。また、特に定まっていること。
民法(明治二九年)(1896)五五条「特定の行為代理他人に委任することを得」
方丈記私記(1970‐71)〈堀田善衛〉六「これこそは定家の歌なりと私自身で特定出来るものが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「特定」の意味・読み・例文・類語

とく‐てい【特定】

[名](スル)特にそれと指定すること。また、特にそれと定まっていること。「特定ボーイフレンドはいない」「大ぜいの中から特定する」
[類語]指定限定指名名指し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「特定」の読み・字形・画数・意味

【特定】とくてい

特に指定する。

字通「特」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android