匿名(読み)トクメイ

デジタル大辞泉の解説

とく‐めい【匿名】

自分の名前を隠して知らせないこと。また、本名を隠してペンネームなどの別名をつかうこと。「匿名で投書する」「匿名批評」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とくめい【匿名 anonym】

作者,執筆者の名を明らかにすることなく文章,意見を公表する行為,ときには実名を伏せた筆者名,雅号,ペンネームなどをさす。表現行為としての名が問題となるのは,発言の責任を負うべき者が特定できないという発表様式のばあいである。言い伝えや筆写によって文化が伝承されていた時代には,作者と無関係に作品がひろがり伝わることがふつうだった。大衆歌謡には作者不明のものが少なくないし,現代でもたとえば広告やデザインについては作者について考えることなしに関心を呼んだり話題となっていることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とくめい【匿名】

自分の実名を隠してあらわさないこと。また、実名を隠して別の名を用いること。 -希望の投書 -批評

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とく‐めい【匿名】

〘名〙 自分の姓名をかくすこと。本名を秘して記さないこと。手紙や著作などの氏名を記さない場合、「一読者」など身分だけを記す場合、ペンネーム、頭文字、仮名などを用いる場合などがある。〔音訓新聞字引(1876)〕
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「禁中へ匿名(トクメイ)の書を投ぜし者あり」 〔唐国史補‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

匿名の関連情報