天暦の治(読み)てんりゃくのち

大辞林 第三版の解説

てんりゃくのち【天暦の治】

平安中期、村上天皇の治世。天皇親政を行い、政治・文化に積極的であった時代として、後世賞揚された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天暦の治の言及

【延喜・天暦の治】より

…また初の勅撰和歌集である《古今和歌集》の撰進など文運も盛んであった。〈天暦の治〉も承平・天慶の乱のあった朱雀天皇の治世に続き,表面上は目だった動乱がなく,天皇に対する貴族たちの信頼も厚く,学者文人も尊重され,宮廷文化も華やかであったが,律令的政治体制は一段と行詰りをみせていた。親政という面でも,949年(天暦3)藤原忠平の死後関白は置かれなかったが,忠平の子実頼,師輔が左・右大臣に並び,外戚政治の色彩は強い。…

※「天暦の治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android