治世(読み)チセイ

デジタル大辞泉の解説

ち‐せい【治世】

よく治まっている世の中。太平の世。「治世安楽」⇔乱世
統治者として世を治めること。また、その期間。「徳川一五代の治世

じ‐せい〔ヂ‐〕【治世】

ちせい(治世)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐せ【治世】

〘名〙 (「ぢせ」とも) 世を治めること。世を統治すること。ちせい。
※源平盛衰記(14C前)七「凡そ和歌は〈略〉唯治世(ヂセ)の基、神道の妙に叶ふのみに非ず」

ち‐せい【治世】

〘名〙 (「ぢせい」とも)
① よく治まっている世の中。太平の世。
※本朝麗藻(1010か)上・暮春侍宴左丞相東三条第同賦度水落花舞〈藤原斎信〉「鶴遊蝶戯応同意、率舞皆知治世声」 〔礼記‐楽記〕
② 統治者として世を治めること。世を統治すること。ちせ。
※日葡辞書(1603‐04)「Gixei(ヂセイ)。ヨヲ ヲサムル」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「徳川の治世二百五十年」 〔抱朴子‐明本〕

じ‐せい ヂ‥【治世】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報