治世(読み)ちせい

精選版 日本国語大辞典「治世」の解説

ち‐せい【治世】

〙 (「ぢせい」とも)
① よくまっているの中。太平の世。
※本朝麗藻(1010か)上・暮春侍宴左丞相東三条第同賦度水落花舞〈藤原斎信〉「鶴遊蝶戯応同意、率舞皆知治世声」 〔礼記‐楽記〕
② 統治者として世を治めること。世を統治すること。ちせ。
※日葡辞書(1603‐04)「Gixei(ヂセイ)。ヨヲ ヲサムル」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「徳川の治世二百五十年」 〔抱朴子‐明本〕

ち‐せ【治世】

〘名〙 (「ぢせ」とも) 世を治めること。世を統治すること。ちせい
※源平盛衰記(14C前)七「凡そ和歌は〈略〉唯治世(ヂセ)の基、神道の妙に叶ふのみに非ず」

じ‐せい ヂ‥【治世】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「治世」の解説

ち‐せい【治世】

よく治まっている世の中。太平の世。「治世安楽」⇔乱世
統治者として世を治めること。また、その期間。「徳川一五代の治世
[類語]支配政治まつりごと行政施政政策国政国事政事政道万機ばんき経世経国経綸けいりん治国統治治政為政いせい

じ‐せい〔ヂ‐〕【治世】

ちせい(治世)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「治世」の解説

【治世】ちせい

よく治まる世。〔子、儒効〕姦事姦は治世のつる、亂世の從するなり。

字通「治」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android