コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夾算/夾笇 キョウサン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐さん〔ケフ‐〕【×夾算/××笇】

昔、書物・巻物などに挟んで、読みさしの所や検出箇所のしるしとしたもの。竹または木を長さ9センチ、幅1.5センチほどに薄く削り、挟むための裂け目を入れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

夾算/夾笇の関連キーワード挟み竹

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android