しるし(読み)シルシ

デジタル大辞泉「しるし」の解説

しる・し

[形ク]《「しる(汁)」の形容詞化か。「じるし」とも》
水っぽい。
「―・き物釜底の食(めし)」〈浮・好色盛衰記・三〉
道がぬかっている。
の―・き時は、返しももだちを取るべし」〈宗五大草紙〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android