しるし(読み)シルシ

デジタル大辞泉「しるし」の解説

しる・し

[形ク]《「しる(汁)」の形容詞化か。「じるし」とも》
水っぽい。
「―・き物釜底のめし」〈・好色盛衰記・三〉
がぬかっている。
「道の―・き時は、返しももだちを取るべし」〈宗五大草紙〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android