コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良雪勝 なら ゆきかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良雪勝 なら-ゆきかつ

?-? 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
幕府の蒔絵師となり,延宝8年(1680)幸阿弥長房(のち長安),菱田房貞らとともに4代将軍徳川家綱廟(びょう)に蒔絵をほどこした。奈良貞利(さだとし)の子といわれる。通称は八左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android