コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒔絵師 まきえし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒔絵師
まきえし

漆塗りの技法には下地(したじ)(ぬり)漆と、加飾の画(えがき)漆と、彫(ほり)漆とがあり、画漆の専門職人が蒔絵師で、平文(ひょうもん)師とともに12世紀に漆の塗師(ぬし)から分化した。蒔絵はおもに食器、家具、調度などに施され、貴族、武家、大名、大商人の需要に応じたもので、なかなか庶民のものとはならなかった。京都が生産の中心地であったが、17世紀からは江戸、金沢など地方的生産地もできた。居職(いじょく)で、下絵(したえ)は下絵書き、金銀粉は金粉師、金銀片は切金(きりがね)師から入手した。漆をしてから画漆にかかるものであるから、漆は画漆がしやすいようにしなければならない。蒔絵屋は自家製品のみを販売する者で、蒔絵を販売する商人ではない。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蒔絵師の関連キーワードPlatinum#3776 高級加賀蒔絵万年筆 ヤマブドウトリスPlatinum#3776 最高級会津卵殻蒔絵 ミズバショウPlatinum#3776 高級加賀蒔絵万年筆 ウロコモンPlatinum#3776 最高級加賀蒔絵万年筆 ハママツPlatinum#3776 最高級加賀蒔絵万年筆 滝山水Platinum#3776 高級加賀蒔絵万年筆 モミジPlatinum#3776 加賀蒔絵万年筆 ヤエウメPlatinum#3776 加賀蒔絵万年筆 ポピーPlatinum#3776 高級会津蒔絵 アオノフPlatinum#3776 高級会津蒔絵 アカノフPlatinum#3776 高級会津蒔絵 ギンガ治五右衛門(12代目)幸阿弥(11代目)山本春正(5代目)山本春正(初代)蒔絵師源三郎源三郎(2)遠藤 古原草川之辺一朋五十嵐信斎

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒔絵師の関連情報