妖孼・妖孽(読み)ようげつ

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐げつ エウ‥【妖孼・妖孽】

〘名〙 (「ようけつ」とも) あやしいわざわい。災厄をもたらす前兆。不吉な事件の前ぶれ。夭逆(ようげき)
※宝生院文書‐永延二年(988)一一月八日・尾張国郡司百姓等解「是以吏富国貧、物尽民失、夭蘖之起」 〔中庸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android