災厄(読み)さいやく

精選版 日本国語大辞典「災厄」の解説

さい‐やく【災厄】

〘名〙 ふりかかってくる不幸なできごと。わざわい。災難災禍厄難
※拾芥抄(13‐14C)上「九月九日。費長房縫嚢盛茱萸。以繋臂登山。飲菊花酒。以免
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「たとひ一時災厄を被むるとも」 〔春秋左伝‐成公一二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「災厄」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「災厄」の解説

【災厄】さいやく

わざわい。〔後漢書、左伝〕大將軍梁の子冀(き)を襄邑侯にぜんとす。雄、封事を上(たてまつ)りて曰く、~梁冀の封は、事、に非ず。宜しく災厄のごし、然る後可否を議すべし。

字通「災」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android