娑婆で見た弥三郎(読み)シャバデミタヤザブロウ

デジタル大辞泉の解説

娑婆(しゃば)で見た弥三郎

知っている人なのに、知らないふりをすること。弥三郎は、弥次郎・弥十郎などともいう。
「この世の人とも思はれず、―殿の御礼」〈浮・一代男・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃばでみたやさぶろう【娑婆で見た弥三郎】

〔弥三郎を、弥次郎・弥十郎というものもある〕
知っている人に対し、知らぬふりをすること。 「 -殿の御礼、先づ御祝儀/浮世草子・一代男 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android