コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娑婆で見た弥三郎 シャバデミタヤザブロウ

デジタル大辞泉の解説

娑婆(しゃば)で見た弥三郎

知っている人なのに、知らないふりをすること。弥三郎は、弥次郎・弥十郎などともいう。
「この世の人とも思はれず、―殿の御礼」〈浮・一代男・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃばでみたやさぶろう【娑婆で見た弥三郎】

〔弥三郎を、弥次郎・弥十郎というものもある〕
知っている人に対し、知らぬふりをすること。 「 -殿の御礼、先づ御祝儀/浮世草子・一代男 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone