コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥次郎 やじろう

4件 の用語解説(弥次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥次郎
やじろう

16世紀頃の日本最初のキリシタン信徒。弥二郎とも書く。南蛮文献にはアンジロウと記されている。薩摩の人。殺人の罪を犯し,天文 16 (1547) 年ポルトガル船でマラッカに密航し,F.ザビエルの教えを受け,受洗した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンジロー(Anjiro)

日本人で最初のキリスト教徒薩摩(さつま)の人。マラッカでザビエルに会って入信、天文18年(1549)ザビエルを案内して帰国し、各地で伝道。のち迫害に遭って中国に渡ったと伝えられる。「弥次郎」とも当てる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥次郎 やじろう

アンジロー

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラスの解説

弥次郎

古典落語の演目のひとつ。「うそつき弥次郎」「革衣」とも。四代目橘家円蔵、三代目三遊亭金馬が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、うそつき。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥次郎の関連キーワード薩摩キリスト教会薩摩馬マラーノ耶蘇キリスト教徒薩摩揚鹿児島県薩摩郡キリスト教徒迫害新キリスト教徒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弥次郎の関連情報