コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥次郎 やじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥次郎
やじろう

16世紀頃の日本最初のキリシタン信徒。弥二郎とも書く。南蛮文献にはアンジロウと記されている。薩摩の人。殺人の罪を犯し,天文 16 (1547) 年ポルトガル船でマラッカに密航し,F.ザビエルの教えを受け,受洗した。同 18年ザビエルに同道して薩摩に上陸,各地に伝道。ザビエルの離日後,迫害を受け同 20年八幡船 (ばはんせん) に投じ,中国に渡りニンポー (寧波) 付近で殺されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンジロー(Anjiro)

日本人で最初のキリスト教徒薩摩(さつま)の人。マラッカでザビエルに会って入信、天文18年(1549)ザビエルを案内して帰国し、各地で伝道。のち迫害に遭って中国に渡ったと伝えられる。「弥次郎」とも当てる。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥次郎 やじろう

アンジロー

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

弥次郎

古典落語の演目のひとつ。「うそつき弥次郎」「革衣」とも。四代目橘家円蔵、三代目三遊亭金馬が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、うそつき。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

弥次郎の関連キーワード橘家 円蔵(4代目)橘家円蔵(4代)娑婆で見た弥三郎太刀山峰右衛門しゃばり出る鎌先[温泉]作略・差略朝比奈泰能真守(2)フェイフォとろとろ目樋口弥次郎相馬光胤吉原重俊古典落語志野省巴今泉千秋岡部長和貴志一郎真っ赤い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥次郎の関連情報