弥次郎(読み)やじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「弥次郎」の解説

弥次郎
やじろう

16世紀頃の日本最初のキリシタン信徒。弥二郎とも書く。南蛮文献にはアンジロウと記されている。薩摩の人。殺人の罪を犯し,天文 16 (1547) 年ポルトガル船でマラッカに密航し,F.ザビエルの教えを受け,受洗した。同 18年ザビエルに同道して薩摩に上陸,各地に伝道。ザビエルの離日後,迫害を受け同 20年八幡船 (ばはんせん) に投じ,中国に渡りニンポー (寧波) 付近で殺されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android