コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宙吹き ちゅうぶき

大辞林 第三版の解説

ちゅうぶき【宙吹き】

ガラス器物の成形法の一。型を用いず、吹き竿に巻き取った熔けたガラス種を宙空で吹いて成形する基本的な技法。 → 吹きガラス

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宙吹きの言及

【ガラス工芸】より

… ガラス器の成形法には次の9種類の技法とその複合技法がある。(1)宙吹き 吹きざおと金ばし,はさみその他の補助道具類を使って,手で成形する方法。(2)型吹き 粘土型,石型,木型または金型の中に吹き込んで成形する方法。…

※「宙吹き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宙吹きの関連キーワードガラス工芸・ガラス工藝イスラム・ガラスジャッパン吹き津軽びいどろ肥前びーどろ岩田 久利ガラス工芸吹きガラス岩田久利岩田藤七ガラス宙空

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宙吹きの関連情報