コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定利 サダトシ

4件 の用語解説(定利の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さだとし【定利】

鎌倉中期、京都の刀工。三条系の流れをくみ、綾小路に住んだ。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

定利

生年:生没年不詳
鎌倉前期の京都の刀工。綾小路に住したところから綾小路定利呼ばれる江戸時代の刀剣書の多くは文永(1264~75)ごろの人とするが,『能阿弥本銘尽』をはじめとする室町時代の刀剣書は,宝治(1247~49)ごろとしており,作風からみてそのころとするのが通説である。作品はすべて太刀で,細身が多く,鍛えは板目で,刃文は小互の目に小乱れ,また丁字を交えた古風な作風を示す。代表作に東京国立博物館蔵の太刀(国宝),日枝神社蔵の徳川10代将軍家治奉納の太刀(重文)などがある。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さだとし【定利】

鎌倉中期京都の刀工。通称、弥太郎。法名、了阿弥。四条綾小路に住し、綾小路派の祖。太刀のみ造り、樋のある作が多い。銘は「定利」と草書に切る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定利の関連キーワード綾小路俊資綾小路信有粟田口国綱貞次粟田口国頼一文字助則一文字助宗綾小路定利綾小路永昌国重(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定利の関連情報