コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定利 サダトシ

朝日日本歴史人物事典の解説

定利

生年:生没年不詳
鎌倉前期の京都の刀工。綾小路に住したところから綾小路定利と呼ばれる。江戸時代の刀剣書の多くは文永(1264~75)ごろの人とするが,『能阿弥本銘尽』をはじめとする室町時代の刀剣書は,宝治(1247~49)ごろとしており,作風からみてそのころとするのが通説である。作品はすべて太刀で,細身が多く,鍛えは板目で,刃文は小互の目に小乱れ,また丁字を交えた古風な作風を示す。代表作に東京国立博物館蔵の太刀(国宝),日枝神社蔵の徳川10代将軍家治奉納の太刀(重文)などがある。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さだとし【定利】

鎌倉中期京都の刀工。通称、弥太郎。法名、了阿弥。四条綾小路に住し、綾小路派の祖。太刀のみ造り、樋のある作が多い。銘は「定利」と草書に切る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定利の関連キーワード予定利率(生保の)生命保険の保険料橘旭翁(初代)松平忠政(1)橘旭翁(4世)射楯兵主神社確定利付証券変動利付国債葛野九郎兵衛超長期国債変動利付債確定利付債固定利付債荻野松眠斎ISUM法定利率利差損益利益計画金銭債権約定利率

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android