あや(読み)アヤ

デジタル大辞泉の解説

[感]ひどく驚いたときに発する声。あっ。
「弁慶が大長刀を打ち流して、手並みのほどは見しかば、―と肝を消す」〈義経記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘感動〙 (感動詞「あ」と「や」が結合した語) 物事に感じて発することば。
※義経記(室町中か)三「弁慶が大長刀を打ち流して、手並みのほどは見しかば『あや』と肝を消す」
[補注]「古事記‐上」の「妹阿夜(アヤ)訶志古泥(かしこね)の神」は、神名の一部として用いられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のあやの言及

【取引所】より

…〈追随買い〉を誘うことを狙うわけである。 あや相場の大勢の動きと関係のない小さな動きのことをいう。〈あや戻し〉は下げ相場での小さな戻しのことをいい,〈あや押し〉は上げ相場での小さな押しのことをいう。…

※「あや」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あやの関連情報